読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おめでとう








ちねーん





























かわいいかわいいちねぺからすごい爆弾が落とされて数時間。ナニアレ。ノロケ?お誕生日記事というのだけは目にしていて、中々誕生日の内容こないなぁと読み進めていたらいきなりいちゃいちゃが始まったので本当に心臓に悪い。仕事だと知らされていた山田さんの嬉しい気持ちや表情が目に浮かぶ文章で、知念くんが賢くてよかった!ありがとう!!という気持ちでいっぱいです。仕事がなくなって自分がいることをサプライズにしたのも天才!大成功!でしたね。「ちねーん」表記かわいすぎません!?山田さんが知念くんを呼ぶときは大体ひらがななので、そこも再現されてて最高です。いつもの甘々ボイスで「ちねーん」って呼んだことと思います。日頃からいちゃいちゃ見せつけられているので脳内再生余裕です。ごちそうさま。そして呼ばれてハグに応える知念くん。(仕事だった知念がいる!ハグしたい…!)→「ちねーん」両手広げる→(おいでおいで)→(あ、ぼくを求めてる)→(応えてあげよう)→飛び込む→ぎゅうううう!、文字で表現してみました。ふたりの一連の動作を想像するのも楽しいけど、心情を想像するのも楽しい。「めでたしめでたし」がほんとにぴったりな記事でした。
24歳のお誕生日おめでとう!!


みんなの妹



周りにちやほやされていることを自覚している小悪魔ちゃん。彼氏(涼介)持ち。
トップスはもこもこで暖かそうだけど、どんなに寒くても足は出す。丈が短いほどステータス。時々がに股になったり足を広げて座るのでその度に涼介はヒヤヒヤ。自分は見てもいいけど周りには見せたくない独占欲が強い人。本人は意識していない為直されても少しすると開いている。甘いものはあんまり得意じゃないのにたまに食べたくなって注文するも、ちょっとだけ食べてもういらないと残りは涼介の胃袋へ。侑子ちゃんの残飯処理も少食でかわいいなぁと嫌な顔はせず、むしろ頼られて嬉しく思っている。涼介の自分への態度は「甘ったるい」と思っていて女子会でもよく話しているが極度の甘えん坊なので、そう思いつつも甘えまくっている。ちなみに涼介も自覚しているが、自分に甘えてくる侑子ちゃんが可愛くて堪らないので今更止めようとは思っていない。甘やかす時は「侑ちゃん♡」呼び。雄子ママのお店で一人でずっと喋っていることも多々。もちろんその時のお迎えは涼介。酔っ払い侑子ちゃんはいつも以上に甘えん坊になり、涼介に「好き好き」「抱っこ」「ちゅうして」と離れない。バレンタインは女子会メンバーで手作り。味は美月ちゃんのおかげで美味しいが手先が不器用なので形は歪。それでも涼介は喜んで受け取り(勿体なくて数日は食べれない、写真撮りまくる、箱やリボンは保管)、ホワイトデーには高級なお店へご飯を食べに行ったりブランド物をお返しする。愛は詰まっているがそれ目当てな所もあり。SNSはほとんど自撮り。裕子ちゃんの写真のモデルになることも。


いたジャンを見て知念くんが作った侑子ちゃん像で再妄想。本人が女子設定をノリノリでやっていたので楽しかったです。2月なのでバレンタインも入れてみたけど他のイベントの妄想も楽しそう。「付き合いたい人」で侑子ちゃんを指差す山田さんは数年前に「女装した知念なら付き合える」と言った山田さんから全然変わってなくて安心しました。山田さんと侑子ちゃん、末永くお幸せに。

侑子ちゃん



ちっちゃくてピンク大好きふわふわぶりっ子ちゃんかと思いきや、言いたいことはズバッと言っちゃうサバサバ系だけど友達思いで同性からも好かれる愛され女子。裕子ちゃんとは中学の頃から仲良しで「ちぃ」「裕ちゃん」と呼び合っている。都内でOLをしている。髪は黒ボブでメイクはナチュラル。かわいくてキラキラしたコスメを集めるのが好き。スカートは短め、肌触りの良いもこもこした服がお気に入りの為、萌え袖と真っ白の太ももに男の子はドキドキ。お胸はCカップで程よくありスタイルは良い。女子会で彼氏(涼介)の話題を振られるとちょっと恥じらいながら話す姿がかわいいが、彼氏を「財布」呼びしている。もちろん女子会のお店を出ると車でお迎えに来た「財布」がいる。侑子ちゃんを溺愛している所を多々目撃されているので周りからは彼氏の愛が大きい(重い)ように思われているが、侑子ちゃんも涼介のことが大好きでラブラブ。常にどこかくっついていないと落ち着かない2人。男友達の圭人と幼い頃から仲が良い為危険を感じた涼介が近付くも意外と気が合い今では親友。侑子ちゃんの頭を撫でる所を見ると妬いてしまうが、扱い慣れている侑子ちゃんによってすぐに機嫌は直る。大野担のジャニオタで、かわいいで有名。家では基本ゲームをしているか大野くんを見ているかのどちらかなので構ってほしい涼介が後ろから抱きついてちょっかい出してうざがられるも、侑子ちゃんも内心くっつかれるのが好きなのですっぽり収まっている。


いちゃいちゃ妄想すると止まらないのでここで切ります(BEST出せなかった…)。いたジャン女子会もワイプの山田さんの反応も今からとても楽しみです。
他の方の侑子ちゃん妄想も気になるなぁ。

やまちねじゃん②


通常回と増刊号合わせてます。
コーナー紹介やお便りは所々省いています。


山:今週は山田涼介
知:Hey!Say!7の知念侑李がお送りしまーす
山:はぁまた
知:さぁお便りー読んじゃうよー
山:また君ですよまた君
知:大体ね?あるでしょ流れって、大体3回
山:君の名は!
知:知念です
(ビブラートと低い声を出すコツを教えて)
山:もうこれは一つだけです、方法は。ボイストレーニングに行きましょう
知:はい
山:はーい
知:お疲れ様でしたー
山:お疲れ様でしたー
知:さぁという訳で?
山:はい
知:へへへ、可哀想だよー?
山:そうだよね?
知:しおねちゃん…
山:どうなんだろうね、ビブラートってどうやって練習したんだろう…俺も元々出来なくって、ミステリーバージンでCDを出させてもらった時に、そのー歌のお兄さんみたいな人がずっといたんですよ
知:あぁー
山:Hey!Say!JUMPにね?
知:そう、…NHKとかかな?
山:違うそっちじゃないんですけどね?あのー先生がいたじゃないですか
知:うん
山:その人に、ずっと教えてもらってたというか。あーーってのばしたものをあぁあ〜ってほんとにひたすらずーーーっと3ヶ月ぐらい前にずーーーっと、だから道具がいらないから、声出していいとこだけでやってて、そしたら気付いたら出来るようになってました
知:ほぉ
山:はい
知:そのあぁあ〜〜あぁあ〜
山:あぁあ〜あぁあ〜をなんかずーーーっとやってると出来るようになる
知:ほぉーじゃあちょっとそれ一回試してみてください
山:練習してほしいですよお願いします
知:うん
山:低い声はちょっと…
知:低い声の出し方わかんないですね
山:声質…にも寄るのかな?
知:難しいよね(低い声のイケボ)
山:難しいですねぇ(イケボ)
知:難しい(イケボ)
山:ほんまに難しいと思いますわ(イケボ)
知:しょうがない(イケボ)
山:始めていきましょう(イケボ)
知:よし
山:だからこれに関してはもう…ぼくらの…ちょっと、範疇を超えてますわ(イケボ)
知:そうですね(イケボ)
山:答えられません(イケボ)
知:相談に乗れなかった
山:すみません(イケボ)
知:すみません
山:山田涼介とね知念侑李でお送りするHey!Say!7 UltraJUMP 最後までお楽しみ、えーください(イケボ)
知:ください(イケボ)

知:JUMPヒストリィーーーーーー
山:ワァ
山:さぁ!今日はちねんたんにお便り読んでいただきましょう
知:読むぜぇ
山:ちねたん
知:さっ、えーこちらはラジオネーム大天使クラム様
山:おっなんかすごい名前
知:すごいねー天使から来ちゃったよ(…本州最北端に住む…)
山:さむーーぃ
知:山田くんのソロパートの『果てないこの空の下』なのですが、生放送の番組では『果てなーーい』と『果て』の部分が早いパターンで歌っていて、もう一方の番組では『果て、果てーなーーい?』ひひひちょっと待ってこれ難しいww
山:知念さん知念さん
知:『果てーなーーい』と
山:そうだね
知:『果てなーーい』
山:そうそうそうそう
知:という違いがあることに気付きました
山:はい
(Give Me Love『果てないこの空の下』の山田さんの歌い方が毎回違う。気分で変えてるの?)
知:ということなんで。もうそれ、ね。気分ですか気分じゃないですかって答えたらもう終わりなんで
山:気分です
知:気分でした。ありがとうございました
山:これに関しては気分です。これ…もうこれ以上はないです、ええ
知:ない?これ以上ない
山:これ以上ないです
知:ということで、ヒストリーw
山:ふふふ。あれよ
知:とても最近のヒストリーでしたよ
山:最初の俺のパートと、中のサビのそこの部分が違うんだよね
知:そうだよね
山:そう
知:『果てなーーい』が涼介だけのパートなんだよね
山:そう
知:『果てーなーい』が
山:そう
知:他でも歌ってた
山:みんな歌ってて。俺の落ちサビの部分では『果てーなーい』って歌ってるから、ほんとに、たぶん、気分
知:気分
山:なんでもいいじゃん、別に俺だから
知:確かにね、俺だもんね
山:うん。俺だけだし
知:確かに
山:だからまぁそこは良さを楽しんでほしいなと思いますよ
知:ほぉ。やっぱね、一緒じゃ面白くないしね
山:そうそうそうそうそうそうそうそう
知:まぁそういう所も細かい所にも
山:そうそうそうそうそうそう
知:聴いてくだるっていう
山:そうそうそう
知:やっぱ嬉しいですね
山:そうそうそうそう
知:というわけでこれからもなんか
山:はい
知:細かい所まで僕たちをね見守っていただけたらなと思います
山:よろしくお願いしまーす
知:よろしくお願い致します

知:それではここで1曲聴いてください。Hey!Say!JUMPはー2/22にニューシングル『OVER THE TOP』をリリースします
山:イエエエエエエエエイッッ
知:…えぇ。まぁこの曲はですね、読売テレビ日本テレビ系アニメ《タイムボカン24》OPテーマです
山:はい
知:これをじゃあね、聴いていただきたいんですけれども
山:うん
知:なんか話したいことありますか?この曲の
山:ぼ、ぼくからですか?
知:うん
山:いやでもこの曲はあのーーFTと同じ振付師の方が
知:そうですね
山:振り付けをね、してくださってて。やっぱり今回も
知:言われたよ
山:なかなか踊ってますよね
知:「イワシになれ」って言われたんですよ
山:言われた
知:「イワシになれ」ですよ
山:人間だからちょっと難しいですよねーなかなか
知:難しい。だけどそのなんかこう…ちっちゃい
山:イワシの群集っていうかね?
知:そう。群れになってこうずーっといくような。それだけだから統率の取れた感じの
山:そうそうそう
知:振り付けになってるかなーと思います
山:9人だからこそ出来るパフォーマンスを、まぁ是非是非ね、2/22に発売されるOTTのPVとかで見ていただければなと思うんですけども
知:はーい
山:まぁその前にね
知:じゃあ
山:曲をね
知:聴いていきましょう
山:聴いてもらいましょうよ。今日はどこよりも早く、この曲をみなさんにお届けしたいと思います

OVER THE TOP

知:知念侑李が聞いたげるっ
知:さっ、今回じゃあ涼介にお便りをね
山:うん
知:選んでいただいたということで
山:はいっ
知:読んでいただけると助かりまーす
(カワウソに似てると言われる。褒め言葉なのか分からず返事に困ってる)
山:さぁ知念さん。知念さんに来ているお便りですこれはもう一人で解決してくださいお願いしますッッ
知:でもカワウソ系女子は、どういうw、難しいよねやっぱ…まぁ敢えてそういう悩み、ものを、へへ募集してるからなんだろうけど
山:うん…でもカワウソって俺、俺は
山知:かわいい
山:と思うんだよ
知:うん
山:いやそれは…さ、もぐらに似てるねってすっごい微妙じゃんなんか
知:確かにね?根暗なんだろうなっていう
山:そうね、そっちなんだ。うん、そっちね?
知:うん
山:ビジュアル面じゃないのね。そっかそっか
知:でもなんか…
山:ね
知:カワウソ…なんかだってさ、なんかすごいかわいいさ動物言われたら、なんかお世辞かなって思っちゃうじゃん
山:…あぁそう?知念ってリスに似てるよね
知:う〜〜んんんん…確かに
山:だからお前こう
知:あはは
山:こういう風になる、なるパターンもわけよ!だから。こういう人間じ、人種もいるのよ。受け入れちゃう人
知:難しいよーいいじゃんカワウソかわいいよぉ
山:カワウソかわいいと思う俺
知:うん
山:見た、見てごらんよ。カワウソの赤ちゃんとかもうやばいよ?
知:ね
山:ほんとに
知:かわいいよぉ
山:うん
知:何回かだって飼おうかなって思ったことあるもんねやっぱ
山:なんっ
知:大体みんなあるもんね
山:ないでしょ大体の人が
知:大体だからそ、みんな一回は飼いたいなって思ったことはあるぐらい
山:ないよ
知:かわいいから
山:ないからそんなにないよ
知:カワウソって言われて
山:うん犬じゃないのよ
知:もう褒められてます
山:カワウソって。うん
知:なのでね
山:水回り
知:気にしないように
山:ビニールプールとかないとだめだから
知:お願い致しまーす
山:(ごにょごにょ)うん、これ解決したのか?
知:というわけですね重すぎず軽すぎないお悩みお待ちしていりますっ
山:(ごにょごにょ)うんなんか、なんとも言えなかったけどな
知:以上知念侑李が聞いたげるでしたっ
山:だいじょうぶか(ごにょごにょ)
知:それではここで一曲聴いてください

明日ハレルヤ

TOP3
知:JUMPTOP3ぃーーーーーーちょーーう↑↑
山:知念さんがだいっ好きなコーナーでございます!
知:ということでね、いつもやってるんですよ。3位2位1位、ちゃんと順番通りこう当てられるかと
山:俺もやってるよ?
知:やってるでしょ?
山:でも割とすぐしてる
知:でもさ、やっぱさ、自分達がさみんなに与えてるイメージ、こういう自分達イメージなんだろうなって
山:うん
知:こういう人間なんだろうなっていうのと、受け手側って全然違うんだなって、これのね、企画やってよく気付いた
山:深い所見てるわ、それはほんとに
知:だって、なんてったって、家庭教師が一番似合う人はって
山:うん
知:八乙女さん上に入ってるんだから
山:どうなってんだこれ
知:ほらね?
山:これ天地がひっくり返ってもあり得ない
知:おかしいでしょ?
山:うん
知:だからね?難しいんだよね
山:さすがにあり得ないよそれは
知:ほんとに
山:難しいよ、それは俺らのせいだわ、でも
知:そうでしょ?
山:うん。世に与えてるイメージが間違ってるそれは
知:そうそう、これもちゃんと…(山田さんの声の後ろでごにょごにょ言ってて聞き取れずw)
山:ごめんなさい、それはぼくらの責任が、感じますな?
(叱られていても落ち込まなさそうな人TOP3)
山:いやこれはだからー…伊野尾ちゃんとか大ちゃんとか入ってるんじゃない?
知:あぁー入ってるねぇ
山:伊野尾ちゃんに
知:あとひいやダメだよちゃんと3、2、1で決めていかないと
山:じゃあ3がー、…誰だと思う?
知:うーん涼介からだよ?勝負だから
山:えっこれなに勝負なの?
知:そうだよ。2人でやる時は
山:あっ
知:どっちが当てられるかだよ
山:あっそーなのね?
知:どっちがもうわかってるか
山:なるほどそのモチベーションね?
知:そうだよ
山:オッケー俺もそれに合わせるわ。オッケーオッケーちょ待ってね?ゥ″ゥ″ン(咳払い)勝負ね?勝負事は俺もう遊びじゃないから
知:どういうイメージで、どういう方向でくるかなんだよね
山:どういう方向?そんな…
知:なんかちょっとさ、あっけらかーんとしてそうなタイプなのかって
山:うん、それもう自分の中で考えてよ!
知:そうそうそうそう、考えてる考えてる
山:口に出したらだめだよ!
知:いい、いいよぉ
山:だめだめ
知:考えるの、どういう考え方で
山:オッケーオッケー、ゥ″ゥ″ン、ゥ″ン。…3位が
知:うん
山:…八乙女さん
知:あぁー
山:八乙女さん
知:怒られてることも気付かなそうってこと
山:うん、なんかもはや
知:へへへへへ
山:うえーーみたいな、なんかギャグで返しそう
知:おぉーなるほど
山:大ちゃん。大ちゃん一回飲み込むんだけど、2秒後に忘れてる
知:うーん
山:イメージね?うん。で1位が伊野尾ちゃん。これはもうほんとに、鉄の心
知:そこは確実に入ってますね
山:これ間違いないと思うんだ。さぁ知念さんどうですか
知:間違ってるよ
山:はいはいはいきました、知念さんの名言「間違ってるよ」これ小栗旬くんしか言ったことないから
知:間違ってるよ
山:これもうあのー花沢類しか言わないから。「間違ってるよ時差ぁー」だからね?
知:さぁ、いやでもね?1位は確実にいのちゃんだと思ってる
山:はい。真似ですか?ぼくの
知:2位は、有岡さんじゃない
山:誰ですか?
知:ぼぉくだよっ
山:お前すーぐ凹むんだから
知:でもそういうイメージないから世間。ぼくポジティブな人だと思われてるから
山:あぁそういうことかー
知:で3位が、あのー、八乙女さん
山:ぱくったね
知:うーん
山:ぱくったね
知:ここはもうしょうがない。怒られてることも気付かないんだもん
山:そっか
知:たぶん
山:じゃあ見てみましょうか
知:3、2、1、いきますよ?
山:これなんっ
知:じゃあいきます
山:はい
知:第3位!
山:はいっ
知:…いのちゃん
山:えぇっ!?
知:(適当だしふわふわしているから何があっても落ち込まなそう)
山:うーんまぁでも俺らが言ってることも間違ってないね?うん
知:(お便りを見て)ひひひ、ちょっと待ってどういうことよ?笑。(第2位、光くん。楽器をやってるからベースの練習に夢中になりすぎて叱られたことを忘れそう)
山:違う違う違うっ
知:へへへへへ
山:そのシチュエーションまでは俺は知らんがな!!シチュエーション、そんなさ怒られてる時にベース弾いてるバカいねーよぉ。ふっ。能天気にも程があるぜぇ
知:(第1位、大ちゃん。基本的にポジティブだし、叱られたことで落ち込んでいる時間が無駄だと思いそう)
山:うーんなるほどね?
知:だからでもまぁまぁこのなんか笑、聞いてる限りあんまり…
山:あってるけどランキングが違うんだよ俺は!
知:確かにね
山:知念は、もう
知:入ってなかったぁ
山:自分を過信しすぎた。今のは
知:ほんとにぃ?
山:だってうん。きみー凹むもん。知ってる俺は
知:ほんとぉ?…これ涼介送ったんじゃないの?
山:送ってないわ!!送ってたらドンピシャで当てるわ!!
知:でもそういう、ちょっと敢えて外してる感じあるよね今の
山:はずっ…笑 やめろよ。おぉい!
知:へへへへへ
山:自作自演だって言いてーのかぁ?
知:ほんとに勘弁してほしいなー
山:こっちの台詞ですよぉーなにを言ってるんですかぁー
知:いやーーー相変わらずでも、ばっちしさぁ、3つ当てたことないのよまだ
山:あ、ないんだ?
知:ちゃんと順番通り
山:うーん
知:やっぱいつかねーなんとか達成したいんですよ
ス:順番一番近いですよこれ
知:ね。今までで一番近いと思うよ
山:27通り?しかないのか
知:ですかぁ?
山:さん△◎にじゅう…
知:いやでもだってこれもあるよ?
山:あそうか、ごろごろあるのか
知:順位もあるから
山:81?81ぐらいあるのかな?
知:すんごい難しいですよ
山:そらむずいわだもんなぁ、だんだらー?
知:…まぁねぇ、まぁ楽しいのよこれがぼくはやってる時間が
山:ここが好きなのね?
知:うん
山:このコーナーが
知:これだけでいいんだよほんとに
山:これだけではよくないよ。聴いてる人…はさ、聴いてくれてるんだからみんな
知:この番組もう、名前もだって、ね、JUMPTOP3に変えようかなと
山:この番組を?
知:うん
山:権限すげーな
知:それぐらい今、ほんとに2017年はそれが目標だから
山:いやいやいや目標掲げるとこおかしい。10周年だからみんなで盛り上げていこうよってHey!Say!JUMPっていう……おかしいじゃんそれは
知:楽しみに、頑張っていきますよぼくは
山:うん、そこを楽しみに頑張んないでくださいね?はい

Traffic Jam

山:さぁあっという間にお別れのお時間でございます。2週目、さぁ山ちゃんとやってみてどうでした?
知:まぁあのーーなんでしょうね
山:うん
知:TOP3でいい結果出されたのがちょっとむかむきます
山:ふふふふ、感想むかつくって
知:へへへへ
山:なによ
知:へへへへ
山:Mステでタモリさんに終わって、Hey!Say!JUMPどうだったー?つって、むかつきまーすって言ってるようなもんだからね今
知:あぁ〜
山:エンディングで言ってんだから
知:まぁ
山:そんな感想よ今
知:Mステと一緒にしちゃだめだよね
山:いやもう全然…まぁね?確かに違うけど
知:うん
山:タモリさんと俺も全然違うけど!
知:うん
山:タモリさんの方がなん、何千倍も上なんだからあれだけども。エンディングでふざけるのはやめなさい!……どうでしたぁ?
知:えーっと、むかつきました。へへへへ
山:表出ろお前ぇー。ブースから出ろ今すぐにぃー。……100点です答えとして
知:ありがとう
山:ありがとうございまーす!

幸せエンドレス
吹奏楽部でファゴットをやっている。3連符が上手く出来なかったが「やまだやまだ」のリズムのおかげで出来るようになった)
知:ありがとう、やまだっということですね
山:山田花子さんもびっくりしてるよねー嬉しいと思うよ?
知:やまだやまだ
山:やまだやまだですよ
知:どうですか?幸せなエピソードと
山:いやありがとうございます。でもなんかそうやってね?関連付けてくれるっていうのはすごく
知:ねぇ
山:嬉しいですし
知:先生もなんか上手いですよね教え方が
山:ただ一番このお便りで気になったのが、ファゴットってなんだろうっていう
知:ファゴットねー
山:うん。ぼく知りません
知:きっとー
山:聞いたことある?
知:楽器でしょうねー
山:楽器だろうね吹奏楽部だから
知:管楽器かな?
山:管楽器なのかなー?ちょっと勉強不足だなー俺らもな?
知:ちょっとファゴットは…
山:聞いたことないよね、ファゴット
知:ファゴットはちょっと、ドラゴンボーンとか強そうだな
山:笑 いそうだね?ベジットとかもいるぐらいだからファゴットもいるだろうな?
知:そういうイメージになる
山:でもいいねー知念でも出来るわけだから
知:ちねん
山:いるんじゃない?だからこの
知:そうだよ?
山:吹奏楽部の中でも
知:そうそう
山:知念さん…
知:ファゴットやってて3連符苦手だよーっていう、ちねんちねんってやってる人いるかもしれない
山:でもやっぱ知念じゃ取りにくいなーと思ったら山田に戻してもらってもいいし
知:うーん、確かにね
山:そう、有岡じゃ出来ないから
知:有岡だい…だいきだいき
山:だいきだいき
知:だいきだいき
山:そっちでいくのか
知:だいきだいき…みんな何かしらあるんじゃない?全員、三文字、ゆうと、
山:そっか…
知:ゆうや、ひか、やおとめ…
山:ひかる
知:ひかる。あぁみんな3か
山:いける
知:誰でもいけんじゃないか
山:ふふふ
知:だーれでもいけんじゃないかー
山:Hey!Say!JUMP万能説
知:ほんと
山:3連符に対して
知:ねぇー

山:お相手は山田涼介
知:知念侑李でしたっ
山知:また来週ぅー





「山田家に入る準備はできました」


結婚おめでとう!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

まさかMCでご本人様から嫁入り宣言が聞けるとは思いもしませんでした。お米セットって……一緒に食べることを見据えて選んだようなプレゼントが山田さんに当たるとは………これもふたりが引き当てた運命なんだろうなぁ(菩薩顏)「知念の愛がついてました」発言も中々の破壊力。愛が詰まったお米セットで心もお腹もほかほかになってください。お幸せに……!

やまちねじゃん①


通常回と増刊号合わせてます。
コーナー紹介やお便りは所々省いています。


山:今週は山田涼介
知:知念侑李がお送りします
山:はいちねたん
知:はい、お久しぶりでございます
山:お久しぶりでございます、明けましておめでとうございますですよまずは
知:ほーんと。明けたね
山:明けたよもう
知:久しぶりーほんとに
山:まぁあっちゅーまに明けましたよ、2017年ですよ。あと3年もすれば東京オリンピックが開催されますよ
知:そうだね、20年ですよ。だからなんだという話ですけど
山:まぁね
知:今いきなり2017年の話になるかと思いきやもう3年後の話になっちゃって。先を見てますよね
山:ちょっと、ちょっと前まではさ、5年後だよー言ってたのに3年後になっちゃったから
知:確かに。あっという間ですよもうここまできたから
山:次ぼくらがーいくつですか
知:なな…の年?
山:27の歳ですかね
知:ぐらいかなぁ?
山:大人ですなぁ。もう薮ちゃんなんつったらもう
知:30
山:もう30…おじちゃんですよ
知:へぇーそっかぁ
山:ね
知:それは楽しみですよ、でもなんかどうなってるかわからないですから
山:知念と圭人で先週までお送りしてましたけど
知:そうそうそうそう
山:なーんかちんたら喋ってたみたいだねぇ
知:ちんたら喋ってようが喋ってなかろうが尺は変わんないんで
山:そうね。なんか随分コーナー削ったらしいじゃないですか
知:そうそうそう!もうねぇ、JUMPTOP3が
山:熱くなったんだよね?
知:すごい楽しかったんですよ
山:俺サクサクいくから
知:おぉ!それをどれだけぼくが
山:ぽぽぽんぽんぽんつって
知:阻止できるかっていうところにかかってる
山:阻止しないでくださいよぉ。さぁ始めていきましょうか
知:はい
山:山田涼介と知念侑李でお送りするHey!Say!7 Ultra JUMP 最後までお楽しみください

JUMPヒストリー
山:さぁ早速お便りを紹介していきましょう
知:誰かなー
山:誰でしょう
山:(クラスのお母さん:岡本圭人くんが大好きな中1です)
知:おぉ!これ自分で書いたんじゃないの?圭人
山:圭人?
知:ねぇ!自分で送ってきたんじゃない?
山:いよいよだな!そうなったらいよいよだよ
知:『やまちゃんが〜』つって
山:へへ。(私がずっと変わらないと思うのは有岡くんと知念くんの笑顔です)
知:なーるほど
山:(カメラ機能のスマイルシャッターをやってみたらすごく沢山の写真が撮れた。みんなも試してみてください)
知:そういう便利な機能があるんですね。でもみんな試してくださいってまぁその機能を試してくださいなのか
山:うん
知:有岡くん、知念くんみたいな2人の笑顔をちゃんと他のJUMPの皆さんもちゃんと試してくださいっていう
山:ちゃうちゃうちゃうちゃう
知:どっちの意味なのか
山:ちゃうちゃうちゃう違うのよ。そういう意図で送ってきてるんじゃないんですよお母さんは
知:ふふ、お母さんね
山:お母さんはね。違うよー俺らだって笑う時笑ってるし
知:確かにね
山:たださぁ?俺思うの、これ
知:なに?
山:アイドルだからこんなこと言っていいのかわかんないけどさ
知:うん
山:雑誌でさ、笑ってくださいって言われるじゃない。無理よおっさん相手に笑うのは
知:ハハハハ
山:もうね、もうぼくらが小さい頃からお世話になってる方々ですけど、カメラマンさんとかスタッフさんはね。アイドル誌は特にね。もうね、笑ってって一番辛いね、あれは
知:うーん、なんかでも、でもさ、ドラマの撮影のさ、カメラ撮りますよーみたいな集合写真のさ例えばあるとするじゃん
山:うん
知:この前やってた役の写真撮るよーって言われた時には笑顔は
山:あぁいけるね
知:なんかそういう気持ちでやったらいけんじゃないの
山:いやあのね多分ね、それはスタッフさんが笑かそうとしてくれるっていうかさ、すごい見るじゃん。こっちを。まだ若い俺らぐらいのスタッフの人がさ、ちょっとふざけてやってたり、おーいって言ってるところを撮られたりとか。だけどほんとに淡々とやっぱり進んでくじゃない、雑誌の撮影って
知:まぁねー確かにね
山:1対1だったりとか。でも集合になった時に確かに良さとかは出たりするのかなーって思う。なんかJUMPってふざける機会って多かったりするから、誰かがくすぐったりとか。だから一人で写ってる時の写真とJUMPみんなで写ってる時の写真の笑顔が結構違うと思う
知:あぁー
山:作ってる笑顔だったりするのかもしれないし、本気の笑顔だったりするのかなっと思う。ただ圭人くんに関して言えばどっちも笑えないっていう彼の弱点があるから
知:圭人一時期ほんとに全部同じ顔で
山:そう
知:角度も一緒なの
山:笑ってくださいって言われたら笑えるよ?俺らも笑えるんだけど、笑顔は出来るんだけど、出来ないんだよね彼ね
知:不思議なんですよ。でも最近だから少しずつは
山:成長したのかなぁ
知:まぁそれはまぁ多分雑誌とかいっぱい読んでるファンの皆さんの方が知ってると思うんで
山:うん。圭人くんもっと笑ってくださいっていうの圭人のコーナーに送った方がいいと思う
知:確かに。試してみてくださいって。有岡くんの笑顔試してみてくださいって
山:そうそうそうそうそう
知:もしかして自分の文なんで返ってきてる可能性あるけどね。圭人自身だった場合ね、この人が
山:彼に送るのが一番的確じゃないかなと思いますけど。まぁでもよかったね知念、大ちゃんの笑顔が素敵だってことですよ
知:いやーほんとに嬉しいですよ。だって機械にもちゃんと認められたってことですから
山:有岡さんはプロですから
知:そうですよ
山:アイドルスマイルのプロですから
知:でも心一つも入ってないからねみんな
山:ハハハ
知:ハハハわかんないけど。どういう気持ちで笑ってるかわかんないよ大ちゃん。
山:確かにな?
知:…ごめん勝手なこと言っちゃったぁ大ちゃん、申し訳ない!
山:まぁまぁ10周年は笑顔をみんなで
知:そうだね
山:ファンの人も一緒にね
知:沢山の人で、みんなで笑顔でいられる1年にしたいなと思いましたね
山:そうだね
知:えへへっ

FT

変な◯◯
山:お便り届いております
知:どんなのかなー今日は
山:大阪市ラジオネームなぴさんから頂きました
知:変なのー
山:うーんそこじゃなーい
知:違う?
山:そこじゃなーい
知:そこじゃなかった
山:(知念くんこんばんち)
知:あらこんばんちぃ?
山:(知念くんラブ社会人です)
知:おぉー大人で△◎ね
山:なに?ハハハなに?
山:(私が変だと思ったことは、知念くんが胸に手を当ててもう一つの手をあげているポーズを見かけること)
知:どういうこと!?
山:これだね
知:それ?DAIGOさんの?
山:(この前の歌番組でも一人だけその格好をしていてすごく変でした。あの格好はなんですか?)
知:いやいやぅゎぁぁ嘘でしょ?
山:ここは詳しく解説していこう
知:これはロックストレッチっていって
山:うん
知:DAIGOさんがやってる
山:ウィッシュのね?
知:はい。それをぼくが好きでずっとやってたんですよ。で、そしてあのーその歌番組の時もDAIGOさんがちょうど同じステージに
山:DAIGOさんいたね?
知:なんかぼくもちょっと、同じステージでやりたいなと思ってやってたんですけども
山:うん
知:そしたらこの前Mステの時にDAIGOさんもいらっしゃって
山:うん
知:でー、袖で待ってる時にDAIGOさんがぼくの所に来て、『いつもやってくれてありがとう』っていう風に
山:うそぉ!
知:『これからもいっぱいやってください』って言ってくれて
山:知念ちゃんと喋れたのそれ
知:いやーすごい嬉しかったもん
山:返せたの知念。人見知りだからそれありがとうって言われたらもうなんかもごもごもごもごってなるでしょ
知:いやー嬉しかったね
山:嬉しい?
知:うーん
山:うん
知:やっててよかったし、これからもぼくやっていくんで、あの変なポーズとか言わないでください
山:ハハハハ、そうね?DAIGOさんが先駆者だから。一番最初に作った方だから。でも知念がやるから変なんだろうな。こう違和感があったんだ。
知:ハハ
山:DAIGOさんがやってたら普通じゃない。DAIGOさんのポーズだなって思うけど
知:まぁそうね
山:知念新しいポーズ作ったらいいじゃない。知念ポーズってのを
知:あぁー…考えておきますよ
山:そうそうそう
知:もしかしたらどこかで、2010年あ、2017年10周年のなんかタイミングでちょっと新しいポーズやるかもしれないから
山:胸に手を当てて片手広げちゃダメよ
知:両手広げてるかもしれない
山:そうするとTERUさんになっちゃうから
知:GLAYっぽくなっちゃう
山:GLAYさんっぽくなるからね。まぁでも2017年知念のポーズに注目していてください
知:楽しみにしててください

山:それではここで1曲聴いてください。知念さん好きな曲かけてください。どうぞ
知:いくぜぇ!
山:いこう
知:Hey!Say!JUMPでGive Me Love

山:涼介の部屋!
知:おぉお!
山:あんたね(徹子の真似)
知:あっ
山:始まるわよ(徹子)
知:涼介の部屋(徹子)
山:涼介の部屋(徹子)
知:あたし初めて来たのよ(徹子)
山:フハハハハ。いやなんか聞いたことある部屋になっちゃった。ぼくも雄也が1回来てくれた時以来だから、ざっくりしてる
知:ゆうやたかーきの時だけなのね
山:なんだろうね
知:何をこれは
山:適当適当!
知:適当?
山:適当って言い方よくないけど笑
知:りんご
山:ごりら
知:らっぱ
山:パナキ!
知:おぉお〜パナキで終わらせる?
山:うん
知:八木さんのね?
山:八木さんのやつね。なんだろ、最近なんか気になるようなことある?時事ネタでもいいし
知:気になること?
山:メンバー同士のことでもいいし、俺についてでもいいし
知:気になることか…なんだろうね。誰かいたっけ
山:誰か?
知:気になるような人いたっけ
山:え、メンバーで?
知:うん
山:気になる?
知:ないな別に。圭人くん誕生日で歌うたってきたんです
山:そうなの知ってる。プライベートで聴いたもん俺。プライベートで圭人がこの前、あのー迎えの車が圭人と一緒でさ
知:うんうんうん
山:マネージャーさんの車で迎えに来てもらって圭人乗ってて、おはよーつって、おはよー。その後の一声目が『山ちゃんこれ聴いてよぉ。この前ね、知念とラジオしてね、これを作って聴かせたのぉ(圭人の真似)』つって『知念が思いの外ドライな反応してびっくりした』つって
知:ハハハハ
山:ハハハハ
知:いやでもー初めてだよなんかその
山:いやいや知ってるよ。人にだって作ってもらうなんてないじゃん
知:きっとなんかこう彼女が彼氏にサプライズで歌われるってこういう気持ちなのかなとか
山:あぁ複雑な気持ちだったんだね
知:そう。急に、いや嬉しいけど、急にどういう反応していいかわかんない
山:俺に関してはもう俺第三者だからさ、もう、なに?ってなったよね
知:ハハハハ
山:これを聴かせて…おぉそっかそっかつって。作ったな?おぉすごいな?うーんそんな時間あるなら他のことしよっかつって
知:ハハ
山:いやーまぁ知念に対しての愛が凄いなと思って。いやでもまぁだからなんか愛でいえば中島さんが最近『7会やろうよ。焼肉行こうよ』ってすごく積極的に言ってきてくれるから嬉しいよね
知:いやだから行かないと
山:いやまじで。なかなか…
知:え、行こうよ
山:今までなかったもんね、ゆうてぃからさ。俺らがこうゆうてぃ誘って、なんか、じゃあ今日7会やらない?って言うとゆうてぃが『あ、ごめん今日予定があるんだ。仕事で台本覚えなきゃいけない』とかあったから、中々行けなかったけど、ゆうてぃからっていうのが珍しいなーと思ってるから。まぁ2017年は、最近話題に出ること多いもんね、7会
知:うん
山:どこ行くー?とかなにする?とか
知:だからとりあえず、3人で集まろ?
山:3人?
知:圭人以外
山:あ、圭人以外?
知:で、圭人を急に呼ぶっていう
山:あぁそれ言ってたな!
知:そう
山:そうなんか、俺と知念とゆうてぃで都内じゃ来れるじゃん。だから箱根とか行っといて、箱根で飯とか食ってる最中に3人の写メを送って、『箱根なう。今から来なよ』みたいなメールを送ったらあいつは来るのかどうか検証しようよみたいな話してて
知:テンションわかんないなー
山:そう
知:来る可能性もあるし
山:来ると思う
知:なんかちょっと機嫌悪くなっちゃう時あるじゃん
山:いやなんで誘ってくんないのって言いながら来ると思うんだよね俺
知:いやーそれはちょっと楽しみだなー
山:ね。で、来た瞬間ロマンスカー乗って帰るっていう笑。まぁなんか7の圭人いじりっぽいけどね

TOY

山:あっという間にお別れのお時間でございますよ。どうでしょう、この早さ
知:早いよ。びっくりした。だってTOP3ないんだもん!一番好きなコーナー出てこないからぼく
山:TOP3どこにあったの
知:おーっかしいなぁと思ってね
山:次のね、あれですよ。どうでした?
知:まぁでもね、なんか人と喋る方がぼくは楽しいな
山:人と喋るの?大丈夫?病んでる?
知:いや一人でこうやって喋るのってさやっぱさ、かえってこうなんか不安な部分があってさ
山:俺これでも今日ゆっくりな方よ
知:いや、うん。意外となんかゆっくりだなっと思った。その言われてた話を聞くより
山:そんなにね、一人だとねもうほんとに、たんたんたんたんたんっだから、だけど。やっぱ、人がいると
知:大丈夫?一人だけ、涼介の時だけ毎回音楽フルで流れたりしない?
山:ハハハハ
知:ふふ
山:いやでもね、必要最低限の時間は喋ってるから。さすがに
知:ハハハハ、ちゃんと使いどころは
山:使いどころはちゃんと考えてるんで
知:よかったです
山:よかったですよ

幸せエンドレス
山:これ、八乙女さんだったらなんて読むでしょう。滋賀県
知:読めるでしょ〜〜
山:読めますか
知:いや〜〜、県が書いてなかったら読めないかもしれない
山:じがと読めませんか、じがと
知:ちょっと怖いねー
山:八乙女さん神がかってるから最近。スクール革命の方で
知:村長も読めないんだから
山:そうだよ。むらちょうだから
知:むらちょう。焼肉の時に言われたから、新しい肉
山:まるちょうだから。まるちょうとむらちょう違うから
(弟がサンタさんに、母が仕事で足が痛そうだからマッサージ機が欲しいと言った)
山:あったかいね〜
知:すーごい、素敵な子だわぁ
山:いやーでもさ、頼まれたお母さんひやっとしただろうね
知:笑
山:たけーよって
知:え、なにどういうことですか?
山:なにがですか
知:お母さん?
山:サンタさんね
知:サンタさん
山:サンタさんでしょう
知:サンタさんもあたたかい気持ちになったと思いますよ
山:そうですかねぇ
知:その一言で
山:ひやっとしただろうなぁ
知:うーん、サンタさんも幸せになった、素敵なエピソードだったと思います!
山:いやいやいやいや。逃がさないよ。知念さん、逃がしません
知:えぇ?
山:サンタさんね、なんかこの前ニュースになってたね。サンタさんがドイツの方ですごい高いビルの方から現れたみたいな、どうやって現れたのでしょうさすがサンタさんみたいな
知:うーん
山:サンタさん…見たことありますか?
知:ないの
山:ないんだ
知:ない
山:心が澄んでないと見えないっていうからね
知:んんん、違うのよ。ちゃんと寝てるから
山:ハハハハ
知:ちゃんと寝てるからそういう時
山:爆睡の方だろ。わくわくして寝れないとかあるじゃない、クリスマスの日ってさ
知:あぁ〜、ぼくねなんかタイミングちゃんと合わせてくれるんだよね、サンタさん
山:どういうこと?あぁ知念が寝たタイミングに?
知:ちゃんと寝たなっていって多分置いてるんだよ
山:大変だろうねそれも。ほんとにさっきも話してたけどさ、宅急便の人が来てさ、この日ならいますよって電話してさ、じゃあその日にお届けしますなんつって。急に仕事入っていないみたいな。いねーじゃねーかってなるわけじゃない宅急便の人はね
知:確かに
山:そのパターンですよサンタさんも。寝て…ない。寝てる?寝てる?まだ寝てねーのかいみたいな
知:心折れちゃうサンタさんもいそうだけどね
山:いると思いますよ
知:もういーやみたいな笑
山:まぁでも、いい弟くんだよね
知:うん。素敵だと思いますよ
山:あたたまるエピソードでしたよね。これは幸せエンドレスですわ
知:そういう方には?
山:えぇ?
知:そういう方には?
山:何を送っちゃいますか?
知:送っちゃいましょうよぉ
山:いいですよー。あなたが幸せを感じたエピソード、これ送ってくれましたらね、採用された方ですよ?採用された方にはブルボン〜プレゼント致します
知:やった
山:これね、住所と名前絶対に忘れちゃダメです。届けられません
知:サンタさんでもですか?
山:サンタさん……だったらギリいける
知:サンタさんならいけるけど、文化放送さんは
山:文化放送さんは結構厳しい…
知:いけない?
山:無理です。住所と名前書いてくれないと無理なんで。来週は素敵なお知らせが、あるとかないとか
知:なにそれ
山:どうでしょうねぇ。聴いてくれなきゃ分かりませんから聴いてください
知:えぇ〜〜聴きたい聴きたいー
山:絶対聴き逃さないでください!今回のお相手は山田涼介
知:知念侑李でした
山知:また来週〜


金メダル男


知念侑李くん、お誕生日おめでとうございます!
22歳は映画のお仕事が続き、雑誌や宣伝の関係で夏頃から俳優の姿を多く目にし、コンサートでのアイドルの姿、ナッツの成長を見守る姿など色々な知念くんを見ることが出来た年でした。陰陽屋〜と前作の映画の撮影が重なり芸能人みたいと言っていましたが、先日も「芸能人の秋」と言っていて知念くん自身も充実した1年だと感じていたように思います。23歳も色々なお仕事に恵まれて充実した年になりますように。


このタイミングで映画のことを。
内容に触れていくので長くなります。


誕生から小学生時代を経てヤング泉一登場のシーンは毎回キターーー!!と新鮮にワクワクドキドキしました。色々な部活から勧誘のチラシを貰いちやほやされてニコニコな表情がとても可愛らしい。選んだのは水泳部。お尻がどアップで映り、あぁまたお尻担当……と参覲交代を思い出しながらガン見。水着の下のぷにっとしている太もももガン見。美味しいショットをありがとうございますご馳走様です。そして綺麗な横顔。前を見据える凛々しい表情にばさばさの睫毛。本当に綺麗。水泳のシーンは大分修正してもらっているのか肌がすごく綺麗で、その編集にも感謝です。他の生徒と並ぶと身長は置いておいて身体はすごいです。逆三角形が綺麗。でも水着の締め付けからか少しだけお腹がぷにっとしてて可愛い。色々な所で話していた水泳の撮影。泳ぐのが苦手と言っていた知念くんが泳いでいて驚きです。元々どれくらい泳げるのかは謎ですが、泳げないと聞いていたので上手に泳いでるじゃん!頑張ったんだね!という親心が出てました。

黒木さんや間宮さんへ向ける視線が面白くて、こんな表情も出来るんだとこれまた驚きでした。特に黒木さんをチラチラ見る所が好きです。竹岡くんと映画を観ているシーンは二人並んで観て感想を言い合ってる所が微笑ましく「秋ちゃん」と呼ばれて喜ぶ表情が可愛らしかったです。バスケの試合で竹岡くんの気配を感じる表情の変化が良かった。先生役の方々はそれぞれ出演時間が短く非常に勿体無いですが、あれだけの為に出てくれるのは内村さんの人柄ですね。是非またご縁があって共演出来ればいいなと願っています。有りがちですが長澤まさみさんが演じる年上の女性に振り回される役とか姉弟役とか見てみたい。

高校時代はやはり『坂本龍馬〜その生と死〜』が素晴らしい!!!ターンやバク宙など知念くんの身体能力に合わせて脚本してくれたそうで、その配慮有難いです。新婚旅行でお嫁さんの肩を抱く知念くんの表情は柔らかく、その後の船酔いしてる演技もとても良かったです。そして勢いよく幕を剥がし、暗殺されるシーン。倒れた後ぴくりとも動かない所に鳥肌が立ちます。凄い表現力。ここは何度観ても魅入ってしまい息をするのも忘れてしまいます。本当に凄い。

表現部での土屋太鳳ちゃんとの求愛ダンスは、どちらもダンス経験者なので迫力がある。羽をバサバサする所や後ろから包む所の表情がイケメン。キスシーンは色々な意見がありますが、伏し目がちな横顔が綺麗でキスしたい欲が抑えられない男らしさを全面に出しているのですごくかっこよくて好きです。あと回想シーンなので音声だけですが最後の「横井くん」って言ってる知念くんの声がイケメンです。そしてその時の太鳳ちゃんの顔が可愛い。表現部を作るきっかけとなった『私のサンクチュアリ』。挫折して机に顔をつけてぼーっとテレビを見ている表情が切なくて儚げでした。姿勢を変えてうるうるの目で体操座りをしながら見つめる顔も良かったです。お母さんに頭を叩かれるのもナチュラルでした。そしてこの曲中毒性があって頭から離れないので是非音源化して頂きたい。

知念くんの「もう11月だね。早いね、三村くん」と、内村さんが大人になった三村くんと表現部のことを話していた時の「懐かしいね」の言い方が似ていて、仕草や表情を真似ていた2人だからここも意図的なのかなと思いました。あと妊娠がきっかけで働くことになった泉一が商店街を歩く後ろ姿が知念くんにそっくりで、自分的にはそこが一番似ているなぁと感じた所でした。

何度も頭を下げる上京のシーンはクランクインと思えないくらい泉一の心情が表れていて既に役作りは出来ていたんだなと感じました。バスケ出来なくてごめんね、坂本龍馬見てたよと二人の間の蟠りが取れて良かったです。

寿司屋では参覲交代で共演している柄本さんが一緒でついついほっこりしてしまいました。仮装大賞やクイズ大会、ジャニーズのオーディションに悉く落ちるのが面白かったです。それぞれの落ち込んでいる姿が小さくなってて可愛らしかったです。お金を取られてしまいベンチで野宿する時の金メダルを見る表情が本当に切なくて、涙を流してる姿はこちらまで心が痛くなる。『劇団 和洋折衷』は、ムロさんのインパクトが強烈です。ねっとりと手を繋いでくるシーンは良い意味でゾッとしました。理解する前のきょとんと見つめる表情が良かった。ダンスは周りにレベルを合わせたと言っていましたが、それでも群を抜いてキレがあって上手かったです。洋のダンスが好き。そしてそこで出会う篠宮さん。スプラウトぶりの共演。葵ちゃんとのシーンは全てアドリブだったそうで、「コテってどうやるの?」「コテ、コテって」と教えてあげる姿が微笑ましくとても愛らしかったです。葵ちゃんのアドリブにも知念くんの対応力にもビックリです。海外へ行くことを決めてお母さんへ電話をした時に「帰ってくると思った」と言われてぎゅっと手を握った時にはグッときました。

エンドロールの写真はどれも素敵でした。『本編では描かれてない、泉一's another diary』だそうで、個人的には橋で泉一と横井さんが並んで笑い合う写真の設定がすごく気になります。

初主演作が長年お世話になっている内村さんが監督の作品で本当に良かったです。番宣も二人で出ることが多く、たくさんフォローしてもらいながら見守って頂けて知念くんも心強かったと思います。普段は『先生と生徒』という関係ですが、今回は『監督と主演』という関係で「内村さん」「知念くん」と呼び合っている姿は新鮮でした。内村さんに「知念で良かった」と言って頂けて私も嬉しくなりました。お笑いの映画は初めて観たのですが、リレーで並んだ時に他の生徒より頭一つ小さい所や能面、歌舞伎の見得など所々に笑いが散りばめられていて何度観ても面白い作品でした。この映画では知念くんの新たな表情や表現力を見ることが出来たので、今後もまた主演作があると思いますが、この経験を活かして活躍する姿を見るのが楽しみです。


知念くんお誕生日おめでとう。